一般社団法人に関するQ&A

Q1 一般社団法人って何ですか。

A1 一般社団法人とは,平成20年12月1日より施行された「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」に基づいて設立された社団法人のことをいいます。

   従来の民法法人と異なり、設立の登記をすることによって成立する法人です。

 

Q2 一般社団法人を設立するには社員が何名必要ですか。

A2 一般社団法人を設立するには、2人以上の社員が必要となります。
   設立後は社員が1人になっても、その一般社団法人は存続します。
   但し、社員が1人もいなくなってしまった場合には、解散することになります。

 

Q3 一般社団法人を設立する場合、どのような機関を置いたらよいのでしょうか。

A3 一般社団法人には、社員総会と、理事を少なくとも1名は置かなければなりません。
   それ以外に、定款に定めることにより、理事会や監事、並びに会計監査人を置くことが可能です。
   理事会を設置する場合と会計監査人を設置する場合、監事を置かなければなりません。
   加えて、大規模一般社団法人(貸借対照表の負債の合計額が200億円以上の一般社団法人) は

   会計監査人を設置する義務があります。

  (機関の設置パターン)
   @ 社員総会+理事
   A 社員総会+理事+監事
   B 社員総会+理事+監事+会計監査人
   C 社員総会+理事+理事会+監事
   D 社員総会+理事+理事会+監事+会計監査人

 

Q4 会社などの法人が一般社団法人の社員になることはできますか。

A4 会社などの法人が一般社団法人の社員になることは可能です。

 

Q5 一般社団法人の理事はどのように選べばよいのですか。

A5 一般社団法人の理事は社員総会で選任します。

 

Q6 一般社団法人の理事の任期はどのようになっていますか。

A6 一般社団法人の理事の任期は、選任後2年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する

   定時社員総会の終結の時まで(定款又は社員総会の決議で任期を短縮可能です)となっています。

 

Q7 一般社団法人の名称を決めるに当たって規制がありますか。

A7 一般社団法人は一その種類に従ってその名称中に「一般社団法人」という文字を用いなければ

   なりません。
   また、一般社団法人は名称中に、一般財団法人であると誤認されるおそれのある文字を用いて

   はなりません。
   ちなみに一般社団法人でないものはその商号(名称)中に一般社団法人であると誤認されるお

   それのある文字を用いてはなりません。

 

Q8 一般社団法人が行うことのできる事業について制限はありますか。

A8 一般社団法人が行うことができる事業に制限はありません。  
   一般社団法人は、公益的な事業から、町内会、同窓会、サークル、ビジネスまであらゆる事業を行うことが出来ます。

 

 

晴れ→法人登記についてのご相談は新宿の司法書士安井事務所へ 

   TEL 電話03−3356−5661