不在者財産管理人とは

相続人の中に行方不明、生死不明でなかなか帰ってくる見込みのない人(これを「不在者」といいます)がいる場合、遺産分割協議、相続登記、相続放棄などの手続きができなくなってしまう場合があります。
このような場合、裁判所に申立てをして不在者財産管理人を選任することとなります。(※不在者の生死不明な状態が7年以上続いている場合は「失踪宣告」の審判を受けることができます。)
選任された不在者財産管理人は、不在者に代わって遺産分割協議に参加したり、相続登記や相続放棄の手続きを行うことができます。

 

不在者財産管理人選任の手続き

<不在者財産管理人選任の手続き> 

 

申立人
 利害関係人(不在者の配偶者,相続人にあたる者,債権者など)、検察官

申立先
 不在者の従来の住所地の家庭裁判所
 
申立てに必要な費用
・収入印紙800円

・連絡用の郵便切手(申立てされる家庭裁判所へ確認してください。)

申立てに必要な書類
・申立書1通
・申立人,不在者の戸籍謄本各1通
・財産管理人候補者の戸籍謄本,住民票各1通
・不在の事実を証する資料(不在者の戸籍附票謄本など)
・利害関係を証する資料
・財産目録,不動産登記簿謄本各1通
 ※事案によっては,このほかの資料の提出が必要となる場合があります。