遺言書の種類

遺言には「普通方式」と「特別方式」がありますが、一般的には普通方式によることになります。
普通方式にはさらに、「自筆証書遺言」、「秘密証書遺言」、「公正証書遺言」といった3つの種類があります。
以下にそれぞれについてのポイントを整理します。


○自筆証書遺言
 (方法)

   ・全文を自書する(ワープロ不可)
   ・作成日付を正確に記す
   ・遺言者本人が署名押印をする
   ・証人は不要

 (メリット)
   ・誰にも知られずにいつでも自由に書ける
   ・費用があまりかからない

 (デメリット)
   ・形式不備により無効となる場合がある

   ・内容が不明確な場合、逆に紛争の種を残してしまう場合がある
   ・破棄、隠匿、改ざんなどをされてしまう恐れがある
   ・家庭裁判所で検認の手続をする必要がある
   ・保管場所によっては、遺言書を発見されない場合がある
   ・字が書けない人はできない


○秘密証書遺言
 (方法)
   ・遺言内容を記載し署名押印する(署名以外はワープロ可、第三者の筆記可)

   ・封筒に入れて封をし、遺言書に押した印鑑で封印をする。
   ・公証人1人、証人2人に提出し、自己の遺言書であること、住所、氏名を述べる
   ・公証人が日付、遺言者が述べたことを封筒に記載し、遺言者、証人とともに署名押印する。

 (メリット)
   ・内容を誰にも知られず書ける

 (デメリット)
   ・内容が不明確な場合、逆に紛争の種を残してしまう場合がある

   ・破棄、隠匿、改ざんなどをされてしまう恐れがある
   ・家庭裁判所で検認の手続をする必要がある


○公正証書遺言
 (方法)
   ・遺言者が公証人に遺言内容を伝える

   ・公証人が遺言書を作成する
   ・証人2人の立会いが必要

 (メリット)
   ・無効となることが少ない

   ・破棄、隠匿、改ざんなどをされてしまう恐れが少ない
   ・検認の手続をする必要がないのでスムーズに遺言内容が実現できる
   ・字が書けない人でも遺言できる

 (デメリット)
   ・費用がかかる

 
当事務所では、この3つの方式の中でも、後々のことを考慮して、最も確実な公正証書遺言を勧めております。

 

 →遺言書に関するご相談なら新宿区の司法書士安井事務所へ
                   電話TEL 03−3356−5661