相続する割合

亡くなった人の遺産は相続人に受け継がれますが、どのような割合で受け継がれるのでしょうか。
まず、亡くなった方が遺言書を書いていた場合、その遺言書が有効ならば、遺産はその内容どおりの割合で受け継がれます。
また、相続人全員で遺産分割の協議を行った場合も、遺産はその内容どおりに分けられることになります。
遺言や遺産分割がない場合は、法律で定められた割合で相続人が受け継ぎ、共有することとなります。これを「法定相続分」といいます。
法定相続分は、誰が相続人となるかによってそれぞれ定められています。

 

(法定相続分)

@配偶者と子が相続人となる場合
   配偶者=1/2、子=1/2

A配偶者と父母(直系尊属)が相続人となる場合
   配偶者=2/3、父母=1/3

B配偶者と兄弟姉妹が相続人となる場合
   配偶者=3/4、兄弟姉妹=1/4

 

1.上記@のケースで子が数人いるときは、子は1/2をさらに均等の割合で相続することになります。

  例)@のケースで子がABC3人の場合
     配偶者=1/2、子A=1/6、子B=1/6、子C=1/6

 

 
2.上記Aのケースで、両親とも健在の場合は1/3を父母均等の割合で相続することになります。

   例)Aのケースで父母が健在の場合
     配偶者=2/3、父=1/6、母=1/6


3.上記3のケースで兄弟姉妹が複数人いる場合は、兄弟姉妹は1/4をさらに均等の割合で相続することになります。

 例)Bのケースで兄D、妹Eがいる場合
   配偶者=3/4、兄D=1/8、妹E=1/8


 また、兄弟姉妹がいわゆる異母兄弟姉妹、異父兄弟姉妹であった場合、相続分は同じ父母から生まれた兄弟姉妹の1/2となります。

 

晴れ→相続登記についてのご相談は新宿の司法書士安井事務所へ 

   TEL 電話03−3356−5661