相続登記の流れ

@戸籍等必要書類の収集
各役所で戸籍謄本、住民票などの必要書類を集めます。

請求先の役所も1つではなくバラバラなので、なかなか手間のかかる作業です。
特に戸籍謄本に関しては、亡くなった方の出生までさかのぼる必要があるため注意が必要です。
尚、戸籍等の必要書類は司法書士などの専門家が集めることもできますが、少しでも費用をおさえたい方は、出来る限りご自分で集めたほうがよいでしょう。

 

A相続関係説明図等、書類の作成
相続関係説明図やその他の書類を作成いたします。


B遺産分割協議書、委任状への捺印
遺産分割協議を行う場合、その内容を記載し、相続人全員の実印を捺印した遺産分割協議書を作成する必要があります。
また、登記を司法書士に委任するための委任状にも捺印をします。


C管轄法務局へ登記申請
管轄の法務局に登記申請いたします。

当事務所では、オンライン登記申請に対応しているため、10%(最大で5000円)減税を受けることができます。
(参考:http://www.moj.go.jp/MINJI/index.html


D登記完了〜権利証(登記識別情報)などの受け取り、登記簿謄本の取得、登記の確認
登記完了後、法務局から権利証(登記識別情報)などの書類を受け取り、きちんと登記が入っているか、登記簿謄本で確認します。

 

晴れ→相続登記についてのご相談は新宿の司法書士安井事務所へ 

   TEL 電話03−3356−5661